原著

  1. Onishi H. History of Japanese Medical Education. Korean J Med Educ, 30(4): 281-292, 2018
  2. 大西弘高.わが国の総合診療はどうあるべきか:内科、プライマリケア、プライマリ・ヘルス・ケア、家庭医療を含めた歴史的変遷に基づいた考察.医療職の能力開発 6(1), 43-55, 2018
  3. 玉井杏奈、大西弘高、野口麻衣子、土屋瑠見子、弘田義人、山中崇、飯島勝矢.地域医療学実習における多職種模擬カンファレンスカリキュラムの開発とその改変プロセス.医療職の能力開発 6(1), 31-42, 2018
  4. Onishi H, Park YS, Takayanagi R, Fujinuma Y. Combining Scores Based on Compensatory and Noncompensatory Scoring Rules to Assess Resident Readiness for Unsupervised Practice: Implications From a National Primary Care Certification Examination in Japan. Acad Med, 93(11S), S45-S51, 2018.
  5. Kimura S, Onishi H, Kawamata M. Characteristics and perceptions of twice-weekly webinars for primary care physicians in Japan: a qualitative study. International journal of medical education, 9, 229, 2018
  6. Tsuchida T, Onishi H, Ono Y, Machino A, Inoue F, Kamegai M. Population-based survey regarding factors contributing to expectation for death at home. Asia Pacific family medicine, 17(1), 7, 2018
  7. 大西弘高.学習者評価の信頼性とは.医療職の能力開発 5(2), 78-82, 2018
  8. 野村理、大西弘高.価値に基づく診療(Values-based Practice)ワークショップ.医療職の能力開発 5(2), 72-77, 2018
  9. Ie K, Murata A, Tahara M, Komiyama M, Ichikawa S, Takemura YC, Onishi H. What determines medical students’ career preference for general practice residency training?: a multicenter survey in Japan. Asia Pacific Family Medicine, 17(1), 2, 2018
  10. 大西弘高.地域包括ケア・医療者教育の将来とJSISH2020年に向けてのビジョン.医療職の能力開発 5(1), 47-52, 2017
  11. Nomura O, Onishi H, Kato H. Medical students can teach communication skills–a mixed methods study of cross-year peer tutoring. BMC medical education, 17(1), 103, 2017
  12. 土屋瑠見子, 吉江悟, 川越正平, 平原佐斗司, 大西弘高, 村山洋史, 西永正典, 飯島勝矢, 辻哲夫. 在宅医療推進のための多職種連携研修プログラム開発: 都市近郊地域における短期的効果の検証. 日本公衆衛生雑誌, 64(7), 359-370, 2017
  13. 大西弘高.学習者評価とコンピテンシー基盤型教育.医療職の能力開発 4(1): 21-28, 2017
  14. Onishi H. Assessment of Clinical Reasoning by Listening to Case Presentations: VSOP Method for Better Feedback. Journal of Medical Education and Curricular Development 3: 125-131, 2016
  15. 大生定義,大西弘高,吉井文均,森本剛,宮田靖志,高屋敷明由美,佐藤雄一郎,井上真智子,平形道人.医学教育に関わる利益相反の課題.医学教育 47(3): 174-177, 2016
  16. 大西弘高,大生定義,吉井文均,森本剛,宮田靖志,高屋敷明由美,佐藤雄一郎,井上真智子,平形道人.医学教育研究における研究倫理.医学教育 47(3): 171-173, 2016
  17. 片岡仁美,関明穂,川畑智子,勅使川原早苗,岩瀬敏秀,小比賀美香子,大西弘高.女性医師のライフイベントを考慮したキャリア支援 岡山大学アンケート調査.医学教育47(2): 111-123, 2016
  18. 和座一弘,藤田伸輔,山田隆司,大野毎子,山岡雅顕,三瀬順一,大西弘高,佐藤幹也,高柳宏史,佐藤健一.都会型診療所の紹介におけるトリアージ機能の研究.日本プライマリ・ケア連合学会誌 38(2): 111-115, 2015
  19. 今藤潤子,大西弘高,グライナー智恵子.地域基盤型診療所看護師が看護実践を行ううえでの肯定的要素.日本プライマリ・ケア連合学会誌 37(1):10-15,2014
  20. Dwi Tyastuti, Hirotaka Onishi, Fika Ekayanti, Kiyoshi Kitamura. Psychometric item analysis and validation of the Indonesian version of the Readiness for Interprofessional Learning Scale (RIPLS). Journal of Interprofessional Care 28(5), 426-432, 2014
  21. Yasutomo Oda, Hirotaka Onishi, Takanobu Sakemi. Effectiveness of Student Tutors in Problem-Based Learning of Undergraduate Medical Education. Tohoku J Exp Med 232(3): 223-227, 2014
  22. Ie K, Tahara M, Murata A, Komiyama M, Onishi H. Factors associated to the career choice of family medicine among Japanese physicians: the dawn of a new era. Asia Pacific Family Medicine 13(1): 11, 2014
  23. Dwi Tyastuti, Hirotaka Onishi, Fika Ekayanti, Kiyoshi Kitamura. Psychometric item analysis and validation of indonesian version of intragroup conflict and group atmosphere scale. Journal of Studies in Social Science 7(1): 1-18, 2014
  24. Dwi Tyastuti, Hirotaka Onishi, Fika Ekayanti, Kiyoshi Kitamura. An educational intervention of interprofessional learning in community based health care in Indonesia: what did we learn from the pilot study? Journal of Education and Practice 4(25): online, 2013
  25. Alan Schwartz, Kimihiko Yamagishi, Norimichi Hirahara, Hirotaka Onishi, James Barnes IV, Adam Rosman, Maggie Garcia, Sam Lee, Shoshana Butler. Risk perception and risk attitudes in Tokyo: A report of the first administration of DOSPERT+M in Japan. Judgment and Decision Making 8(6): 691-699, 2013
  26. Samy A. Azer, Michelle Mclean, Hirotaka Onishi, Masami Tagawa, Albert Scherpbier. Cracks in problem-based learning: What is your action plan?. Medical Teacher 35(10): 806-814, 2013
  27. 大西弘高.臨床推論の力をつける人材育成. 日本糖尿病教育・看護学会誌 17(1): 43-44, 2013
  28. 大西弘高.医療者教育の新しいトピックス. 医療職の能力開発 2(1): 35-44, 2013
  29. 杉本なおみ,野村亨,影山葉子,大西弘高.異文化協働準備教育用シリアスゲーム.医療職の能力開発 発2(1): 55-68, 2013
  30. 木尾哲朗, 俣木志朗, 藤崎和彦, 大西弘高, 小川哲次, 鬼塚千絵, 西原達次.歯学士教育課程におけるプロフェッショナリズム教育の構築.日本歯科医学教育学会雑誌 29(1): 63-74, 2013
  31. 飯岡緒美,大西弘高.指導医のために.プロフェッショナリズム.医療者間コミュニケーションについて:薬剤師の立場から疑義照会場面における医師と薬剤師のコミュニケーションを考える.日本内科学会雑誌 101(6): 1720-1726, 2012
  32. 山本亮, 由井和也, 小松裕和, 大西弘高.佐久総合病院における地域医療研修の有用性と必要性:新医師臨床研修制度導入による影響.日本プライマリ・ケア連合学会誌 35(1): 17-22, 2012
  33. 大西弘高, 川崎勝, 椎橋実智男, 阿部幸代, 大久保由美子, 片岡仁美, 杉本なおみ, 高村昭輝, 内藤亮, 丹羽雅之(第16期情報基盤開発委員会).医学教育情報館(MEAL)の構築プロセス.医学教育 43(3): 215-220, 2012
  34. Lambert Schuwirth, Jerry Colliver, Larry Gruppen, Clarence Kreiter, Stewart Mennin, Hirotaka Onishi, Louis Pangaro, Charlotte Ringsted, David Swanson, Cees Van Der Vleuten, et al. Research in assessment: consensus statement and recommendations from the Ottawa 2010 Conference. Medical Teacher 33, 224-233, 2011
  35. Marita Fadhilah, Yasutomo Oda, Sei Emura, Tsuneaki Yoshioka, Shunzo Koizumi, Hirotaka Onishi, Takanobu Sakemi. Patient Satisfaction Questionnaire for Medical Students’ Performance in a Hospital Outpatient Clinic: A Cross-Sectional Study. Tohoku J Exp Med 225(4): 249-254, 2011
  36. 大西弘高.言語聴覚士養成教育の質の向上をめざして:臨床実習の改善に向けた枠組み.言語聴覚研究 8(1): 22-30, 2011
  37. 内海美保,大西弘高,山岡由美子.6年制薬学教育における初年次教育のカテゴリー:Life skillの解析.医療職の能力開発 1: 27-34, 2011
  38. 横林賢一,大西弘高,斉木啓子,渡邉隆将,錦織宏.ポートフォリオおよびショーケースポートフォリオとは.家庭医療 15 (2): 32-45, 2010
  39. 大西弘高,渡邉淳,石川ひろの,小田康友,杉本なおみ,守屋利佳,吉田素文,森本剛,吉村明修,阿曽亮子,志村俊郎.医学教育領域におけるランダム化比較試験の実施上の課題.医学教育 41(1):65-71, 2010
  40. 大西弘高,飯岡緒美,高田和秀.患者教育に関する医療者教育をどう改善すべきか.家庭医療 15(2): 46-53, 2009
  41. 大西弘高,片山亜弥,北村聖.インドネシアにおける医師の質改善に向けた改革:卒前コア カリキュラムの改訂と医師免許制度の変更を通して.医学教育40(4): 279-284, 2009
  42. 大西弘高.聞き慣れない手法の解説:Clinical Jazz, Significant Event Analysis, ポートフォリオ.総合診療医学会誌13(2): 204-208, 2009
  43. 大西弘高.研修修了時の評価.総合診療医学会誌13(2): 202-203, 2009
  44. 田辺政裕, 平出敦, 大西弘高, 植村和正, 岡田唯男, 木川和彦, 日下隼人, 下正宗, 高橋勝貞, 田中雄二郎, 松村理司.研修開始時に研修医が具有しているべき能力:卒前医学教育から卒後研修への移行についての考察.医学教育39(6): 387-396, 2008
  45. 大西弘高,錦織宏.内科専門医の国際比較:日本,米国,英国の状況.日内会誌97(12),3088‐3092, 2008
  46. Hirotaka Onishi. The role of case presentation for teaching and learning activities. Kaohsiung J Med Sci 24: 356–60, 2008
  47. 大西弘高.臨床推論の評価法.日内会誌97(10),2596‐2603, 2008
  48. 大西弘高,錦織宏,藤沼康樹,本村和久.Significant Event Analysis:医師のプロフェッショナリズム教育の一手法.家庭医療 14: 4-12, 2008
  49. 大西弘高.症例プレゼンテーションと臨床推論.日内会誌97(8),1930‐1934, 2008
  50. 大西弘高.医学教育研究の現状と今後への展望.医学教育別冊医学教育白書2006年度版.114-7, 2006
  51. 大西弘高.世界の医学教育と国際協力.医学教育別冊医学教育白書2006年度版.149-51, 2006
  52. 大西弘高.PBLについて:実践,理論,運営.作業療法教育研究 6(1): 2-9, 2006
  53. 内山富士雄,藤原靖士,白浜雅司,松村真司,武田裕子,大西弘高.プライマリケア・家庭医療の見学実習・研修の試み―診療所医師によるネットワーク(PCFMネット)の歩み.日本醫事新報 4230: 28-32, 2005
  54. Noriko Ainoda, Hirotaka Onishi, Yukio Yasuda Definition and Goals of “self-directed learning” in contemporary medical education literature. Annals of Academic Medicine Singapore 34: 515-519, 2005
  55. 大西弘高.マレーシアの医学教育.医学教育 36(6): 357-363, 2005
  56. 内山富士雄,藤原靖士,白浜雅司,松村真司,武田裕子,大西弘高.プライマリケア・家庭医療の見学実習・研修の試み―診療所医師によるネットワーク(PCFMネット)の歩み.日本醫事新報 4230: 28~32, 2005
  57. Memoona Hasnain, Hirotaka Onishi, Arthur S Elstein. Inter-rater agreement in judging errors in diagnostic reasoning. Medical Education 38: 609~616, 2004
  58. 小田康友,大西弘高,江村正,山田雅彦,山城清二,小泉俊三.外来患者満足度による卒前コミュニケーションカリキュラムの評価.医学教育 35(2): 89~94, 2004
  59. Hirotaka Onishi, Ichiro Yoshida. Rapid change in Japanese medical education. Medical Teacher 26: 403~408, 2004
  60. Hirotaka Onishi, Yasutomo Oda, Shunzo Koizumi. Lecture was more effective than role-play for patient education skill–an incomplete curriculum development in Saga Medical School. Japanese Journal of Family Practice 11: 10~16, 2004
  61. 大西弘高.米国の行動科学カリキュラム.行動医学研究 10(1): 12~15, 2004
  62. Sushela Devi Somanath, Zoraini Wati Abas, Hirotaka Onishi, Ammu Kutty Radhakurishnan. Faculty perceptions of problem-based learning (PBL) at the International Medical University (IMU), Malaysia. Journal of Medical Education 8(4): 385~391, 2004
  63. 松井幸子,大西弘高,小泉俊三.大学病院と地域支援病院のプライマリ・ケア部門における精神疾患の有病率に関する比較調査:予備調査.総合病院精神医学 14: 38~43, 2002
  64. 江村正, 白浜雅司, 薬師寺聡美, 三好紀子, 中本浩史, 石井賢治, 大西弘高, 山田雅彦, 山城清二, 小泉俊三.佐賀医科大学総合診療部を受診した患者の癌告知に関する希望の調査.プライマリ・ケア 24: 138~143, 2001
  65. 江副聡,大西弘高,小泉俊三.紹介状なしにセカンド・オピニオンを求めて大学病院を受診した患者の心理的背景.家庭医療 8: 17~22, 2001
  66. 大西弘高, 小田康友, 江村正, 山城清二, 小泉俊三.基本的神経診察法に関する客観的臨床能力試験:妥当性及び評点と学習行動との関連性.医学教育 31: 265~270, 2000
  67. Wari Yamamoto, Tsuguya Fukui, Munetaka Maekawa, Kojiro Yoshihara, Harumi Fujita, Kaori Hazama, Hirotaka Onishi, Shunzo Koizumi. Predictive factors for cancer in patients with abdominal pain. General Medicine 1: 9~16, 2000
  68. 大西弘高, 石丸裕康, 松本正俊, 井上信明, 山田哲也, 山敷宣代, 岡崎研太郎, 中井浩, 八田和大, 今中孝信, 小泉俊三.天理よろづ相談所病院救急外来研修の果たす一般外来研修としての役割について.医学教育 30: 413~418, 1999
  69. 大西弘高, 小田康友, 田島世貴, 迫香織, 廣橋紀正, 池田信博, 今中俊爾, 吉原幸治郎, 小泉俊三.佐賀医科大学附属病院総合外来への紹介患者と紹介状及び返信に関する調査研究:紹介状を通じて見た病診・病病連携のあり方について.プライマリ・ケア 22: 329~334, 1999
  70. 今中俊爾, 大西弘高, 小田康友, 山田雅彦, 山城清二, 吉原幸治郎, 小泉俊三.プライマリ・ケア国際分類(一部改訂)を用いた高齢者の主訴の検討:高度機能病院総合外来の場合.日本総合診療医学会会誌 4: 1~8, 1999
  71. 山田雅彦, 山城清二, 江村正, 小田康友, 石井賢治, 大西弘高, 山本巻一, 中本浩史, 三好紀子, 毛利貴子, 小泉俊三.めまいの診断における初診時関連臨床情報の価値.日本総合診療医学会会誌 4: 9~12, 1999
  72. 今中俊爾,大西弘高,西田慎二,池田信博,吉原幸治郎,小泉俊三.外来診察能力の向上をめざした高度機能病院総合外来における専門科コンサルテーションの分析:腰痛を対象として.プライマリ・ケア 21: 89~95, 1998
  73. 山敷宣代,山田哲也, 岡崎研太郎, 中井浩, 大西弘高, 石丸裕康, 八田和大, 今中孝信, 相原雅典, 浅野博, 松尾収二.卒後研修におけるグラム染色実施の意義.総合診療研究会会誌 3: 12~17, 1998
  74. 西田愼二, 安達晴己, 茂純一郎, 迫香織, 大西弘高, 小田康友, 池田信博, 今中俊爾, 吉原幸治郎, 小泉俊三.大学病院総合外来受診患者における不安要因の臨床疫学的検討.総合診療研究会会誌 3: 6~11, 1998
  75. 坂上祐司,加藤晃史,後藤雅史,石丸裕康,大西弘高,八田和大,今中孝信,楠川禮造,小泉俊三.天理よろづ相談所病院における総合診療:総合外来患者の検討.総合診療研究会会誌 2:10~14, 1997

シェアする

フォローする